2017/10/22

ピラミッド

ピラミッドから拡がる砂漠の果て
一人の聖人が見えない星に 魅せられている
太陽王の名残が動乱の血を
神聖なものに戻そうとしている
彼は一万年の覚醒から 疲れたまま
彗星の涙のように瞳の澄んだ黒髪の娘を探している
2017/10/21

手の届かないところに

手の届かないところにうつくしいものが輝いている
この惑星に生まれてものごごろのついた頃から
魂といわれるもうひとつの宇宙の
螺旋階段を上りながら
手の届かないうつくしいものは
手の届かないものとしてただ見つめていればいい

2017/10/21

成層圏

空を見据える
その上空の
天の魂が
渦巻いている
人は
成層圏を越えて

更なる高空の大気圏を
把握する
天は宇宙空間を
越えたところにあるのだが
人はそれを把握できない
星座のバランスを崩しながら

なにものかを
抱きしめている
空の
地理の原型は
人の形をした
魂と交わっている

魂を
うつくしく
磨き上げた
天人が優しさと
呼ばれるものを
空に投げ上げる


2017/10/21

秋とともに影法師が少しづつ伸び いつのまにか私の分身となり 共に歩み続けている 私の憂いを影法師に託して立ち止まらずに振り向かず道を往く
秋と共に拡がる私の心象の揺らぎ その陰影を伴いながら影法師が私よりもっと早く歩いてゆく


影法師歩みてひとり秋となる